リフレクソロジストになるには

MENU

リフレクソロジストになるには

リフレクソロジストになるためには、リフレクソロジストとしての認定証を持っていると絶対的に有利です。

 

リフレクソロジストは国家資格ではなく民間資格ですので、認定書を取得するまでの方法はさまざまです。
民間資格ですので、現在の日本では資格がなくとも就業することは可能です。
しかし、現実的には資格なしにリフレクソロジストとして働くには条件面でデメリットがありますので、資格をもっていたほうが圧倒的に有利です。

 

資格取得には通学して取得するタイプから、通信教育で取得するタイプ、少数ですが独学で勉強して資格を取得するタイプと、さまざまな選択肢があります。

 

一般的なのはスクールや講座に申し込み、規定の学習過程を修了し、該当する資格レベルの認定試験を受験し、合否発表を受けて合格していれば必要な手続きを行います。
ほとんどのスクールに、流派や認定団体が背景にありますので、スクールを選ぶ際には自分の目指す流派をよく吟味することが大切です。

 

前述の通り、資格がなくてもリフレクソロジストとして就業することは可能ですが、資格を取得しておくと、自分のサロンを開業することもできたり、インストラクターや講師の立場として指導する事も可能になります。