リフレクソロジスト,資格

MENU

リフレクソロジスト資格を取る方法

リフレクソロジストとは

リフレクソロジストとは、足裏にある反射区と呼ばれるの「ツボ」のような場所を押すことで、人々を健康に導こうとする健康法で、民間療法の一種です。

 

大きく分けると、リラックス効果を重視する「西洋式」と健康の増進効果を重視する東洋式(台湾式)がありますが、どちらも、本来人間が持っている自然治癒力を高めることで、肩こりや冷え、肌荒れやストレスなどにも効果があるとされています。

 

働き場所としては、これの専門店の他、エステサロンやアロマテラピーのサロン、整体院、またネイルサロンなどにお勤めの方もいらっしゃいます。
女性の癒しと美容に深く関わることができるお仕事だと言えます。

 

さて、このリフレクソロジストの資格をとる方法ですが、現在では公的な資格は設定されておらず、リフレクソロジストに関係のある企業や団体が、独自に設定している民間資格しかありません。
つまり、無資格でリフレクソロジストとして働くことは可能です。

 

しかし、リフレクソロジストと名乗るには、それなりの知識や技術が必要となります。専門学校や通信講座を受けてしっかり専門的な知識を身につけることが大切です。
また関係のある本も多く出回っていますので、興味のある方は本から買い求めてみるのも良いでしょう。

リフレクソロジストの資格の取り方

リフレクソロジーとは、足の裏・甲にある「反射部分」を適切に刺激することで、そこにつながる全身の器官や臓器の不調を改善する手技のことで、それを行う人をリフレクソロジストといいます。肩こり・腰痛や冷え性、肌荒れなど病院の治療ではなかなかよくならないような体の不調を解消し、健康に導くものとして注目されています。

 

この職業には国家資格というものがなく、民間資格となります。
認定を行っている代表的な団体としては日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)、日本リフレクソロジー協会(RAJA)、日本ヒーリングリラクゼーション協会(JHRS)などがあります。

 

資格の取り方は、やはり専門のスクールに通って勉強し、試験を受けて合格する、というのが一般的です。
ただし近くにスクールがない人、あるいは忙しくてスクールに通う時間がない人の場合は通信講座で勉強することも可能です。
通信講座はテキストとDVDで学び、スクーリングで実践的な技術を身につける、という形になります。
また、合宿コースを設定し、短期集中で学べるスクールもあります。

 

認定を行っている各団体にはそれぞれ特色がありますから、まずは資料請求して内容を確認してみるのがおすすめです。
その上でそれぞれに対応したスクールを選ぶようにしましょう。
もっといろいろ知りたいという方はリフレクソロジーの資格を取るためになども参考にしてみると良いと思います。

更新履歴